2015年4月1日水曜日

BlackBerry Classicを使用して1カ月が経ちました

Apple iPhone5に別れを告げIIJMioにてSimFree生活を
BlackBerryClassicにて始め1カ月経ちました。

第一印象は「重い」。
iPhone5と比べるとやはり重たさは感じます。
でもメジャーなフルスクリーンスマートフォンより、物理キーボード付きのBlackBerryClassic。とても所有感があります。
動作は9900の頃よりは快適です。
当然デュアルコアなのでサクサク動きます。
勿論、ここでのサクサク感はデフォルトのブラウザやHubを使った動作。
また次回にAndroidAppを使用した感想など書きたいと思いますが、デフォルトでの動作は良い感じですね。
カメラは外部MicroSDへの保存設定すると、1shot毎にMicroSDへの書き込みがありますので連写はできません。Class10とかだったらもう少しマシになるかもしれません。
現在、64GBのChoicee CE64GUSDC10U1を使用していますので、緩慢なのかも。
SanDiskのExtreme辺り使ってみたら改善しそうです。


BBB9900とのBlackBerryClassicの大きさの比較です。やはり大きいですね。
 OSは10.3.1.1565、AndroidApp動きます。
キーボードの質感はばっちりですね。慣れが必要ですが、こちらもサクサクです。
ただ日本語IMがいまいち賢くない。スペースキーで変換予測もしてくれない。
Lineだと予測単語が出ますが、トラックパッドなりスクリーンタッチで選ばなくてはいけません。スペースキーでの変換が装備されればもっと使いやすくなると思います。

後、電池の持ち。これは個人差があると思いますが、消費が激しいように思います。
2時間新幹線で移動→フル充電から約50%消費。BlueTooth経由で音楽聞きながらです。
設定でバッテリー20%以下になると省エネモードが発動するようになっています。

今の所、IIJmioにて通話+ネット+Lineも走っていますので問題無く使用できています。
先ほども書きましたが、人と違った物を持つ喜びと物理キーボードで打てる喜び、この二つがあればiPhone6なんてエクスペディアなんて羨ましくなんか無いです(震え声)

2015年3月30日月曜日

走って楽しければ買いですね

このところのホンダさんは頑張ってる感がひしひしと伝わってきます。
次期NSXの開発からマクラーレンホンダとしてF1界に復帰とクルマ好きが喜びそうな話題で一杯です。

ホンダさんからS660が発表されたんだけど、写真の見え方によって寸詰まりに見えてしまうのは僕だけだろうか?
確かに軽自動車の規制寸法があり、その中でデザイナーやエンジニアが目一杯の事をしようとしてる苦労の跡が垣間見られます。
初代コペンもしかり、古くはAZ-1、カプチーノ辺りもそうです。
狭い日本だから軽自動車で十分なのかもしれないし、ドライビングプレジャーを求める為に峠走ったりするにはこの車格が丁度良いのかもしれません。

ただ200万Overと言う価格帯はどうですかね?
軽自動車の税金も上がるし、2シーターの趣味車に200万以上費やす事のできるファンがまとまって居るだろうかと心配になります。
実車を観て、そして運転して個人的に気に入れば良いんじゃ無いでしょうか?
これが一つの起爆剤になり、実用的なミニバンなどに流れてる人たちが「走る・操る」を楽しむ人たちが増えてくれれば良いなと素直に思いました。