2012年10月23日火曜日

新アップデート2.0.16197.0とx360keyとLive

XBOXを立ち上げたところアップデートを促す画面になりました。
一旦電源を落としまして、x360keyで言うところのパススルーモードにて立ち上げました。イジェクトボタンを押して起動する方法ですのでDockなどお使いの方々はやり方が違うかもしれません。

XBOXLiveのUSBアップデートが本日19:00の時点でもSystemUpdate_15574_USBのママでしたので、そのままオンラインアップデート一か八かやってみました。
結果を申し上げると、BANされていません。

新しいダッシュボード 2.0.16197.0です。
お役に立てたでしょうか?
その後、通常通り立ち上げてHDD認識などしてみましたが問題なく動作しております。


気になるAV製品 Sony HT-CT150

最近のソニーを見ているとなんだか悲しくなってしまいますが、それでも国内のメーカーではある程度のこだわりが感じられる企業だと思っています。
確かに今の自分のテレビとか周辺機種はソニー製とApple製でまとめられています。
13年ほど前に勢いで買ってしまった、ホームシアターセット(SL7)を買い換えたいなあなんて思いまして、色んなサイトを見ておりました。

目に止まったのがHT-CT150

映画観る機会はほとんど、DVDかPS3でのBD。
少しの投資で、少しの満足が得られれば良いなあなんて思っています。
購入したら、こちらでお知らせしたいと思います。

2012年10月22日月曜日

ANCILLOTTI Sport Seat ANCILLOTTI


ノーマルシートの劣化により交換しました。
CafeRacer風シートと言ったところでしょうか?
ノーマルシートより若干薄くはありますが、座り心地も悪くなく長距離のツーリングも苦になりません。
もともと、このVespaは生産台数の少ないカメオと言う色でして、ブラウンのシートが標準です。
ブラウンのシートが付いているのはモスグリーンメタリックとブラックのFL2が有ったかと思います。
しゃれっ気たっぷりで僕は好きな配色だと思っています。

ANCILLOTTI Sport Seat ANCILLOTTI

SITO Racing Exhaust SITO Plus

ノーマル形状のチャンバーが一昨年辺りからのトレンドでして、類に漏れること無く興味がわき購入→装着。
確かにチューニングしてあります!ってスタイルも嫌いでは無いのですが、基本的に「外観そのままで山椒の効いた乗り物」を目指す自分としては、このチャンバーはもってこいの逸品でした。
チャンバー装着して約1,000km走りましたが、漸く焼けて良い具合にレーシングチャンバーの音を奏でます。
パワー感はそんなにありません。ただ3速のバンドに入ったときの伸びはとても気持ちが良いです。
送料併せて1万円で悦に浸れるチャンバーだと思います。

SITO Racing Exhaust SITO Plus

2012年10月21日日曜日

SIP Shock Absorber SIP Performance


ビチューボのサスがへたってきましたので、買い換えました。
ビチューボのサスよりは柔らかめ、ストロークもたっぷりのセッティングです。
もちろん硬さは調節できますので、好みや走る用途に応じて調節してみることをお薦めします。
僕の今のセッティングは街乗り重視なので、一番ソフトなセッティングです。
直進安定性(東名高速走行時)など申し分無いレベルだと思います。
円高の影響もあり、比較的安価に購入できたのは嬉しい限りです。
柔なVespaの足回りがしっかり感がでて安心して走行できそうです。

SIP Shock Absorber SIP Performance