2008年4月9日水曜日

VMware Fusion


この世の中、WindowsとMacのOSがほとんどだと思うのですが、その中でもWindowsは圧倒的なシェアを誇る巨大企業マイクロソフト社のOSです。ずいぶん昔からmacしか使っていなかった僕はWindows OSが大嫌いでした。無機質で事務的で飾りっ気も可愛くもないOSなんて思っていました。時代の流れがWindowsを中心として構築されている日本社会(世界も)どうしたって歩み寄りは必要になってきます。
使い勝手はもちろん使い慣れたMac OSが良いに決まってる訳ですが、必要に迫られてWindowsを使わなくてはいけない状況に陥ってしまいます。
昔はSoft WindowsとかVirtual PCなどMac上でWindowsをエミュレート(詳しくはWikiで調べて下さい)していたわけで、動作は緩慢、思ったように動かない、不具合が多いなど色々あってどうしても好きになれなかったんです。
今現在Apple社のCPUはインテル社製になって、WIndowsがMacで走っちゃう時代になりました。ストレス無くOSを操り表計算をしてはたまたFXの外貨の取引さえもスムーズに行ってしまう・・・、何とも素晴らしい時代になったものです。
これじゃあ、Mac買ってVMware Fusion入れればWindows Mac両方楽しめるじゃん!ってなわけです。
痒いところに手が届き始めた最近のAppleです。

Apple Store(Japan)