2008年3月20日木曜日

Free Tibet


http://www.youtube.com/watch?v=tNnA3K_kCEc

今、僕はとても悲しさと憤りを感じています。
3/10頃から始まったチベットラサ地区でおきたデモ。それに対して中国は武力制圧しています。
そもそもチベットという地域(国ではありません)はヒマラヤ山脈の北側に広がる、平均海抜4,500mの「チベット高原」。そのほとんどが、かつてラサを都とする独立国「チベット」でした。今、チベットという国はありません。中国の一部になっています。「世界の屋根」と呼ばれる高原地帯で、牧畜や農耕をなりわいとし、主に仏教を信仰する「チベット人」が600万人ほど暮らしています。
僕は昔のBlogで無宗教で有る事をいいました。人が信仰と言う文化を否定はしません。
デモの制圧でなぜ発砲するのか?「非暴力」を訴えるダライラマ。中国政府は「発砲していない」どうも話が食い違います。
でも、中国のネット環境では規制が入っていて虐殺の写真はもちろん、チベット人が暴動を起こして居るとまでかかれています。
http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080318c.html(ショックな画像です。でも中国内では規制がかかって見る事はできません)
まさに情報操作と言うわけです。
中国人の友人にチベットのことを聞いてみたんですけど、返ってくる言葉は「チベット人が暴動を起こしている!」
じゃあ百歩譲ってデモを起こさせた理由って何なんでしょう?

■人権がおろそかにされています
 思想信条を理由に投獄されたり、刑務所で拷問されたり、マトモな裁判もなしに死刑にされたりします。
■中国人(漢民族)の移民が多すぎます
 政府が入植を奨励しており、すでにチベット人は少数派になってしまいました。もともと600万人しかいないため、民族としての存亡が危ぶまれています。

■チベット人にとって不利な社会
 社会の上層部は中国人が支配。教育水準の低さや中国語の能力などで、チベット人は何かと不利な扱いを受けています。

■信仰の自由がありません
 ダライ・ラマ法王を批判しない僧侶は寺院から追放されます。一方、中国政府が勝手に高僧を任命して、信仰を強制しています。

■環境を壊しすぎています
 乱獲、乱伐、乱開発でチベットの自然が破壊されました。核兵器を作り、核廃棄物の捨て場にしている疑いがあります。

この他にも色々問題は有るかと思います。

ただ僕が憤りを感じているのは中国が武力で制圧して死者が出ていること、それを湾曲した形で報道してる中国メディア、弱腰な日本政府。制圧と言うより虐殺ですね。こんな事を書くと「日本の南京大虐殺は?」とか言われそうですが、僕は過去の哀しい歴史を今言い合うよりも今現在・そして未来を話し合っていく事の方が重要なんじゃないかと思います。同じアジア人として対岸の火事ではありませんね。
こんな状況でオリンピックが開催されて良いのでしょうか?個人的には時期尚早だと感じています。

チベットの人たちが安心して暮らせる日が来る事を節に望んでいます。
Free Tibet

Apple G4 Cube


本来のデザインの話にちょっとだけ戻ります。先日友人からApple G4 Cubeを譲ってもらいました。
発売当初ホント欲しかったマシンの一つなんです。当時、安月給のため何十万もするマシンをポイっと買う事も出来ずに、近くのパソコンショップのショーウィンドウに飾ってあるCubeをただただ眺めるだけでした。あれから7年型遅れにはなってしまいましたがやっと購入する事が出来ました。WebブラウジングやMailチェックは簡単にやってのけてしまいます。
特筆すべきモノはやはり色あせる事のないデザインだと僕は思います。発熱量の多さや拡張性など色々言われましたが、このCubeのデザインは今でも秀逸だと感じています。時代が流れてしまいましたが、その代わりパワーアップパーツが沢山出ています。メモリの増設、HDDの大容量化、そしてCPUの高速化などなど。お金は掛かりますが、これから先楽しい時間を僕に与えてくれる事でしょう。
しっかりサーバ代わりになり、DVD観賞用のプレイヤーやiTunesの音楽プレイヤーにもなってくれる一台。
ますますAppleが好きになりました。