2008年3月5日水曜日

グレイハウンドバスでの旅アメリカその5


気ままな一人旅って感じだったんですけど、やっぱりハプニングは付き物。澱んだアトランタを脱出するかのごとく飛び乗ったバスはNY行き。思いっきり予定変更して一気にNYです。途中いくつかの街を転々とするのですが、朝からの緊張感から解き放たれた僕はグレイハウンドバスの中で爆睡を始めてしまいました。過ぎゆく車窓を楽しむ事もなくひたすら寝続けてしまいました。
バスの揺れが心地よくて揺りかごの中の様な状況・・・。もう何時間寝た事でしょう。はっきりと記憶をたどれば朝方5:30頃だったと思います。薄明るい外を見て「NYにきちまったぜ〜〜」なんて思いテンションあがりまくり!バス停に着いて速攻降りました。
近代的な建物と華やいだ街並み!うほ〜摩天楼だぜ〜〜って思ってバスを見送りました。
しばし考える事5分・・・。NY着いたはずなのになんでバスは行ってしまったのだろうか?その瞬間すご〜く嫌な汗をかいたのを今でも鮮明に覚えています。
バスターミナル内をうろついて、バス会社の関係者らしき黒人男性に「Where is here?」と・・彼は怪訝そうな顔をしながらこう答えました「Philadelphiaフィラデルフィア」。
ああ、NYだと思って飛び降りた先はなんとフィラデルフィアだったのです。
過去アニメで「母を訪ねて三千里」を感動しつつ観てたのですが、まさにその時の自分がマルコだったような気がします。
だって写真でもエンパイヤステートビルに似てる建物写ってますよね?勘違いも甚だしいです。
この先どうなってしまうのか?こうご期待!
【JTB】海外旅行 現地オプショナルツアー