2008年1月10日木曜日

グレイハウンドバスでの旅アメリカその2


新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
すっかり休んで体力復帰。今年もバリバリ稼ぎたいと思います。今年初のBlogはグレイハウンドバスでの旅アメリカの続編です。
当時19歳だった僕は、どうしてもアメリカを縦断したいという漠然とした目標がありました。ジョージア州からオハイオ州まで行ける地域はバズで巡ろうと思ったんです。ただ旅しても面白くないのでもっとコアな目標を立てることにしました。それは「音楽」です。
アメリカには様々な音楽が溢れています。N.YのRapに始まり、シカゴのJazz,ニューオリンズのマーチ等々。手っ取り早くSavanahから一路アトランタへ向かったのでした。アトランタと言えば「風と共に去りぬ」の舞台となった所です。後、デルタ航空の拠点、そしてコカコーラの本社があるんです。原材料不明のコーラをタダで飲めるって事で早朝6時にアトランタ入り、そして時間つぶしにバス構内の「バーガーキング」へ。まあ、初めてのアメリカ一人旅だったのでとっても不安でした。朝6時にも関わらずホームレスや軍人さん達で溢れかえっていました。階段の所にちょこんと腰を下ろして、行き交う人を観察していたんです。「ああ、1人で来ちゃって無謀だったかなあ」なんて思いながら、コカコーラ工場見学の時間まで過ごすことに。30分後どこからともなく1人の男性が僕の目の前に座ったんです。向き合いながら僕が彼を見下ろすような状態で、もちろん目も合いますし「だれ?この人?」って感じでもありました。ランニング1枚・ショートパンツ+ビーチサンダルの装い。「ムム!このおっさん目が飛んじゃってる!」要するにジャンキーorラリってる人なんですね。ショートパンツからははみ出ちゃってるしw10分我慢したけど怖くてバーガーキングに逃げ込んじゃいました。チーズバーガーとスプライト(コーラは後で死ぬほど飲めるので)フレンチフライを頬張ります。「ここで3時間くらい粘ろう」って思った矢先・・・壁に一枚の貼り紙が・・・「Time Limit 30min」30分しか居てはいけませんの意味。「マズイ、ヤバイ」この後どうする???大学を出て早くも6時間で2回目の危機!
続きはまた後ほど。

http://www.bk.com/